333music.net

333music編集部がお届けする、音楽ブログ。ここでしか読めないインタビュー、最新音楽情報などオフィシャルな内容はもちろんのこと、取材秘話、ミュージシャン達のつぶやき…などレアな内容も可能な限り掲載します。 記事の内容は事務所やアーティストの承諾を得ています。 どうぞ文章や写真の転載、転用など著作権を侵害するような行為はご遠慮ください。 333music編集部とは、現在、音楽雑誌や音楽系HPで活躍中のクリエイター達がライフワークとして運営してる編集部です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

333music PRESENTS 333music Mook
『Thank You For All』

絶賛発売中!!!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


★掲載内容★
33300字に及ぶロング・インタビュー ×6人!!
縁の地、想い出の場所などでロケをした撮り下ろし写真、満載!!
ーー今までに封印されていた衝撃の真実が明かされる……
  読めば読むほど好きになる1冊です。


TYFA_VOL6_cover
☆『Thank You For All〜vol.006〜』【 先行予約受付期間:2012年12月9日 0:00〜
            2012年12月22日 23:59 】
終了
※通常通販あり。詳しくはコチラ!



tyfa5_cover_light『Thank You For All〜vol.005〜』
 2012年10月17日発売!!

 ★2012年10月1日 通販受け付け開始★
 詳しくはコチラをご覧ください!!

 Rei(DaizyStripper)
 村田 一弘(rice)
 ツブク(花少年バディーズ)
 MASATO(defspiral)
 KIBA(Gargoyle)
 宮脇"JOE"知史
               【掲載順】






TYFA4_cover_light
『Thank You For All〜vol.004〜』

 櫻井 有紀 (rice)
 総史 (少女-ロリヰタ-23区)
 広志 (花少年バディーズ)
 阿部 徹 a.k.a. SANTA (ex.Λucifer)
 KENTARO (Gargoyle)
 ISSAY (DER ZIBET)
               【掲載順】

 2012年7月24日発売
 A5サイズ/248ページ/1715円 【税込み:1800円】





TYFA3_cover

『Thank You For All〜vol.003〜』

 風弥(DaizyStripper)
 リョヲ丞(少女-ロリヰタ-23区)
 琢磨(花少年バディーズ)
 CUTT(ex. shame , ORCA)
 KISAKI(凛)
 Kiyoshi(MADBEAVERS)
               【掲載順】

 2012年4月29日発売
 A5サイズ/248ページ/1429円【税込み:1500円】






TYFA2_COVER_SOLDOUTSOLD OUT!!
『Thank You For All〜vol.002〜』

 TAKA(defspiral)
 龍兎(少女-ロリヰタ-23区)
 貘(花少年バディーズ)
 土屋 浩一(ex. HI LOCKATION MARKETS)
 緋村 剛(everset)
 HIROKI
               【掲載順】

 2012年1月27日発売
 A5サイズ/248ページ/1429円【税込み:1500円】






TYFA1-SoldOutSOLD OUT!!
『Thank You For All〜vol.001〜』

 人時
 tatsuo(everset)
 aki
 ミネムラ(花少年バディーズ)
 栄喜(DETROX)
 KAZUSHI(STRAYPIGVANGUARD)
               【掲載順】

 2011年10月23日発売
 A5サイズ/248ページ/1200円【税込み:1260円】







※通販、一部ライヴ物販にて販売。
※通販ご利用の際、送料+手数料として1冊あたり600円が必要です。
 (複数ご購入の場合、送料の加算はありません)
※在庫、バックナンバーご購入のお問い合わせはmook_333music☆yahoo.co.jp[ ☆を@に変えてください ]まで。
 (アーティストのレコード会社、事務所へのお問い合わせはご遠慮ください)


★【333music mook】YouTubeチャンネルオープン!★
『Thank You For All』掲載アーティスト・コメント公開中!!!
★PC → http://www.youtube.com/333musicTV/
★携帯 → http://m.youtube.com/333musicTV/

取材秘話

昨日から〜=3

おはざーす!
ってもう昼1時過ぎだし(笑)。
ども、ジョニーです♪

ここんとこ、猛烈にライヴへ行ってます!


一昨日はBIG BITES@BOXX
昨日はrice@原宿アストロホール

BIG BITESは、MCのグダグタ感(笑)を音楽が救う、
やっぱ音楽ってスゴいっすね、と改めて思えるライヴだったし、
本物のロック・サウンドはやっぱエエなぁと思った素敵空間だったよ。

でもって、昨日のriceも、久しぶりにフルで見たらスゲーよかった。
もうね、有紀さんの歌は、なんだろう、心に溜まった汚れを浄化してくれるね。
ヒロさんのドラムも、圧倒的な安定感、
情緒豊かなドラミングで、それぞれの楽曲をドラマティックに盛り上げていたよ。


ま、そんなこんなで、
昨日から『Thank You For All〜vol.005〜』を先走りフライング・ゲットできる物販が
DaizyStripper、riceの会場で始まったわけです。

ありがたいことに、ご好評をいただいてますアップアップ


Reiさんもブログに書いてくださったり、
届いた!ってツイートしてくださったり、ありがたや。
さすがに仙台へ応援は行けなかったのですが……今日もO-EASTのイベント会場で
お目見えするはずです。

同じ日のriceのライヴでは、
“MCで言うの忘れちゃった!”と終演後にヒロさんに謝られましたが、
モーマンタイ!
皆さん、物販でご購入いただいていたみたいです。
(星飛雄馬の姉のように、M女史はソバで見守っていたらしい、ちょっと怖い・笑)


先行予約の方、10月1週目には発送するので、待っていてください。
皆さんのご都合と郵便屋さんのタイミングがうまくいけば、
来週前半に受け取れる人もいると思うんで、よろしくお願いします!!


でもって、今日はMASATOさん(defspiral)が
KISS THE WoRLDにゲスト出演するってことで、
人の家をお借りして、フラゲ物販開始!
数は少ないけど、よかったら実物を見てみて、買っちゃえばいいと思う!(笑)

何やらお楽しみもあるらしいし。


ってか読んでいて思ったんだけど、インタビュアーのM女史は、
インタビュー中は酒を呑まない人なので(ペースが狂う&呑んでも酔わなくなるのでもったいない)
ロックでガンガン呑んでいたのは、MASATOさんと上野さんですからね〜(笑)。


333musicチームは呑んでませんので!(笑)


そして、ご意見の一切合切は受けて立つと、いうことなので、
MASATOさんに本の感想をガンガン言っちゃえばいいと思うよ!(笑)

さて、今日もライヴのはしごをしてきます!

読みどころ<その6>

おはざーす!くもり
ジョニーですニコニコ


今、東京は曇り空だけど、心は晴れやかだ〜!

だって”読みどころ”最後まで辿り着けたし(笑)。


さーて、読みどころラストは、
村田 一弘さん(rice)


なんか、オイラはRaphaelの頃から知り合ってるので、
ヒロさんってことで書かせてもらうね。
ヒロさんも、なんかそのほうがシックリくるらしいから(笑)。

で、『Thank You For All〜vol.004〜』の有紀さんに引き続き、
ご登場いただいたわけだけど。

今回は地元色が強い(笑)撮影だったよ。

場所はなんとなーく想像してほしいけど、
ほんっとに生まれ育った街、
子供の頃に遊びに行っていた公園…と
まるで子供の頃のアルバムを開いてるみたいな、
そんなシチュエーションで写真を撮ったんだ。

しかも、赤ちゃんの写真が載ってる、
ヒロさんのアルバムまで持参していただいた!
中身はヒ・ミ・ツってことだったけど、
金色で名前と出生日が刻まれたオーダー・メイドのアルバムの表紙を見たら、
どんだけご家族に愛されて育ってきたか?が解ると思う。

オイラ、ちらりと見せてもらったんだけど、
お母さんの手書きのコメントがアルバムに一緒に収められていて、
なんかほんわかしたよ。

おまけに、撮影途中、ご実家の超近くに行ったら、
ヒロさんのお父さんと遭遇!!(笑)
ご挨拶をさせていただいた(笑)。
そしたら、家の中にいたお母さんから、
詰めたいお茶をいただいた(笑)。

撮影した日はホンットに暑い日だったから、
最高のプレゼントだったよ!!


でもって、ヒロさんを応援してるみんなにとって、いちばん気になるのは、
ヒロさんが33300字もしゃべったのか?ってことじゃないかなぁ?(笑)

周知の事実として、ヒロさん、言葉数少ないからねぇ(汗)。
ま、そこはM女史の腕の見せ所、
プロ根性、ド根性で、ねばったそうだよ(笑)。
ま、無理矢理ってわけじゃないだろうけど、
彼らが16歳の頃から仕事で付き合いがあったわけで、
あれこれ振り返りつつ、たーっくさん話を聞けたらしい。

ぜひ、ヒロさんの想いを受け止めてもらえたら。
あと、有紀さんのインタビューと合わせて読んでもらうと、
同じ自称に対する、それぞれの考え方が現れていて、なるほどなぁ〜って感じがしたよ。


ってなワケで、
9月29日の原宿アストロホールで、
印刷所に無理をいって早あげしてもらった
『Thank You For All〜vol.005〜』が物販に並ぶよ!
でも今回、数は少ないかもしれないので予定数が終わっちゃったらゴメンね。
あと、ご好評につき『Thank You For All〜vol.004〜』(有紀さん登場の回)も
追加で物販に並ぶので、
買い忘れていた人、ぜひご利用ください!!

読みどころ<その5>

こんにちは〜晴れ

ジョニーですニコニコ


今日は読みどころ、5人目…Reiさん(DaizyStripper)でいこうかな音譜


3冊目の風弥さんに引き続き、2人目のDaizystripperのメンバーご登場が
Reiさんになったのは……

実はReiさんからのクレームがきっかけです(笑)。

ま、クレームというか、
“あの本の風弥の発言、ちょっと違う部分があるんですけど〜。
弁解していいですか?”
と言われたからなんですね。

その辺は冒頭の部分、そして読み進めていくうちに、
あ、なるほど〜って感じだと思います。

今回、あそこまで長いインタビューは初めてのことで、
長年、Reiさんを応援している方にとっても、
え、そうなんだ!って驚きは少なからずあるかと思いますぜ。

にしてもね、オイラは読んでいて、
Reiさんの人柄、素晴らしいな、と思ったんだ。
表面的じゃない優しさ、
本質的な部分での愛の深さ、みたいなのを感じたんだよね。


きっと、読んでくれたら、何かしら感じる部分はあると思うよ。


でもって、写真は原宿のHYPER COREさんにて撮影。
イラストレーターで、オーナーでもあるHisacyさんには大変お世話になりました。

HYPER COREさんっていったら、DaizyStripperをはじめ、
多くのアーティストのグッズ・デザインを手がけるブランド。
トップページの写真の背景にうつってるシャッターのイラストも、
Hisacyさんが描いたんだそうな。

“公私ともに仲良くさせていただいてます”というReiさんのお力添えもあって、
楽しく原宿で撮影してきたらしいよ。


なので、皆さんもチャンスがあったら(むしろなくても)、
お店を覗いちゃったらいいと思うよ!
そしてReiさんが着ていたTシャツとかもあるかもしれないから、
こっそりお揃〜にしちゃうとか(ちょっとキモいか?・笑)、
とにかく、行ってみてほしいぞー!


そうそう、『Thank You For All〜vol.005〜』は
DaizyStripperの物販でも取り扱っていただきます。
印刷所に頑張ってもらって、
一部分早上げして、9月29日のイベントから並びます。
(間に合わう分だけなので、数は少ないかもしれませんが、
追加されていきます)

ぜひ、ご利用くださいアップアップアップ

読みどころ<その4>

おはざーっす!
ジョニーです。

さて、今日、ご紹介する『Thank You For All〜vol.005〜』の読みどころは……

KIBAさん(Gargoyle)。


今年25周年を迎えたGargoyle、
それだけに長ーい歴史があり、
語っていただくこともたーくさんでした。

なぜ、今のKIBAさんがいらっしゃるのか?
なぜ、25年以上もバンドが続いているのか?

謎を紐解くローーーーング・インタビューです。


そして写真が素敵なのです。

というのも、Gargoyle発祥の地ともいえる、
大阪ロケで撮っていただいた写真なんです!!!


う〜ん、ゴージャス(ってオイラは大阪行ってないけどね…)。


今はなき想い出のライヴハウス、大阪バハマの跡地だったり
(しかも建物は壊されているのに、ドアだけ奇跡的にあったという!!)
アメ村近辺で撮った写真がいっぱい。

ぜひ、写真と合わせて、KIBAさんの魅力を
再確認&ご堪能いただきたい!と思ってます。


10月のライヴから物販にも並びます。
ぜひご利用ください〜!!

読みどころ<その3>

おはざーす!
ちょっと遅くなりましたが、
『Thank You For All〜vol.005〜』の読みどころ<その3>をお届け!


今日は誰にしようかな……と思い、あちこちのブログをふむふむ見ていたら、
はっけーん!

ツブクさん(花少年バディーズ)がコメントを再開したとか書いてあるから、
ツブクさんで!



ツブクさんの撮影は、浅草で行ったんだよ!
それはそれは8月の暑い日でしたが、
秋に出るんですよね?ってことで、長袖着用。
わかってらっしゃる!!

でもって、佐野市出身のツブクさんが、
撮影場所になぜ浅草を選んだか?ってことは、
インタビューの冒頭で触れているから、ぜひぜひ読んでみてください。
今回は、ちょっとハードで男らしい感じのツブクさんも見られるよ!

あと、ツンデレとか(笑)。

にしても…オイラだったらツブクさんみたいな家庭に生まれたら、
キッツいな〜(自由にできなくて)って思った(笑)。

ま、そんな小さい頃からの話もあるし、
学生時代のことや、
バンドでのあれこれ、そこで感じられる繊細な部分なんかも、
たっぷりインタビューに出てますよ。


今回、花少年バディーズの物販は、ちょっと遅くなっちゃうけれど、
色あせない内容なんので、ぜひ物販でお手にとってください!
そして………買っちゃえばいいと思うぜ!!にひひ


そうそう、撮影の時に、ツブクさん、おもしろシャメしてたから、
きっと近々、ブログに上げてくれるんじゃないかな〜?と期待してますアップアップ
アップ

読みどころ<その2>

ってことで、今日は読みどころ<その2>。
JOEさんです!

昨日は栄喜さんのソロ・ライヴでドラムを叩かれたJOEさん。
いやー、44MAGNUMもカッコいいし、MADBEAVERSでもカッコいいし、
どこで叩いてもカッコいいっすね!

栄喜さんのライヴもスッゲーよかった!

おっと横道に逸れましたが(笑)、JOEさんの話。

JOEさんの子供の頃の話から、
高校1年生で44MAGNUMに加入(なんと3回加入してる)、
そして今に至るまでをたっぷりと語っていただいてます。

特筆すべきは幼少期、学生時代の話かな。。。
名家育ちならではのエピソード盛りだくさん!
また、お家事情も赤裸々に告白!(笑)
そこまで言っちゃっていいのかな〜?って感じです。

撮影は新宿LOFTにて。
高校時代、東京で初めてライヴを体験したのが新宿LOFTだった、ということで、
この場所を選んでいただきました。
実は、そのライヴ当日、ちょっとした事件が起こり……
その辺は、ぜひ、インタビューを読んでみてください。
ホントはLOFTが以前の場所にあった頃のお話ですが、
場所は変わってもLOFTはLOFT!
素敵なスペースでたくさんの素敵な写真が撮れたので必見です!

そうそう10月6日の44MAGNUMのライヴで
『Thank You For All〜vol.005〜』の物販ができるかも?
ということで、現在確認中です。

決まり次第、正式にお知らせいたします。

読みどころ<その1>

おはようございます!雨

ジョニーですにひひ

今日からできるだけ毎日、
『Thank You For All〜vol.005〜』$浮き草ジョニーのアウトローなROCK人生

の読みどころをお伝えします!

先日、主催イベント“Beauty and Beast”を大成功させたdefspiralの
ギター・MASATOさん。

これは予約してくれてる人たち、予約のメールに書いてくれる人が多かったのが、
”MASATOさんって普段あまりしゃべらないキャラクターだから、
 何をしゃべるのか、気になります”
というメッセージ。

はいはい、オイラもそういう印象をもってました。

が!!!

今回はしゃべりまくりですよ。
ご本人曰く、今までにしゃべってないことがほとんど、とのこと。

M女史も、えーっ!?と驚きながらインタビューをしていたそうな。

特に衝撃的だったのは思春期の話。

これを読んでしまったら、MASATOさんのイメージがガラガラと崩れていきそうです……あせるあせる

大丈夫かな?

再三にわたって、M女史も確認したらしいけれど、
OKグッド!出してるわけだから………

読んだ後、イメージが崩れた!とか
ちょっと興ざめしたとか(笑)、
益々好きになったとか(笑)、
そういうご意見の一切合切、クレームはMASATOさん御本人へお伝えください!!(笑)


写真はですね、
いつもdefspiralのアーティスト写真、ジャケット写真を撮ってくださってる
カメラマン・上野氏と、
なんと!
HIZUMI(ex.D'espairsRay,現在、ブランドUMBRELLAの主幹)が撮影!

公私ともに仲良しということもあって、
仲良しさんならでは、の表情をみせてくれてる、と思うし、
2つのテイストの写真でも味わえるなんて、ちょっと贅沢だと思うぜ〜ぇ〜にひひ


そうそう9月30日、MASATOさんがゲスト出演される
のKISS THE WORLDのライヴ
で、
KISS THE WORLDのメンバーさんのご厚意で、
『Thank You For All〜vol.005〜』を物販発売することになりました。
ですが、数は少ないので、会場で売り切れの際はご容赦ください。

その後のdefspiralのライヴでは、追加されますので、ご安心を!!


“333music.wave”収録裏話【リョヲ丞 編】

先程のリョヲ丞さん(少女-ロリヰタ-23区)


lolita_main



をゲストに迎えての
“333music.wave”、いかがでしたでしょうか?

3月17日からスタートする23日間連続ライヴへかける意気込みや、
バンドが新体制になってから初のフル・アルバム『WORLD end's GALAXY』(3月21日発売)にも
収録されている「Bad City」へ込めた想い、いろいろ伺えたかな、と思います。

まぁ、トークには定評がある(というか、しゃべりたがりの)リョヲ丞さんですから、
こちらから質問をぶつけなくてもガンガンしゃべりまくってくださった感じ

ちょいとお先にアルバムを聴かせていただきましたが、
超カッコいいので、ぜひぜひ、聴いていただきたい、
23日連続ライヴでも体感していただきたい!と思ってます


さて、そんなラジオ、
実は『Thank You For All〜vol.003〜』の撮影の後に収録しました。
リョヲ丞さんのアイディアで、大好きなテイストのファッションがゲットできる
高円寺にて。
小生の知人のやってるお店
(詳しくは『Thank You For All〜vol.003〜』のクレジットを見てください!)
でもオチャメな表情をいっぱいみせてくれてます。
リョヲ丞さんの魅力満載!!ですよ〜。

めっちゃカラフルな写真もあるんですが、
残念ながら本誌はモノクロ。
だけど、先行予約特典のポストカード(非売品)では
思いっきりカラフルな写真を使用する予定です。
どうぞ、先行予約でゲットしてください!!

詳しくはコチラ

あ、それと、『Thank You For All〜vol.002〜』、
ご好評につき、通販予定数は【SOLD OUT】となりました!
ありがとうございました。

でも、予備の数冊はありますので、
どうしても!という方は通販スタッフまでメールでお問い合わせください。
メール・アドレスは通販についてのブログの最後のほうにあります。

よろしくお願いいたします。



そして。3月20日の“333music.wave”は
DER ZIBETをゲストにお迎えしてお届けする予定です。

詳細は決まり次第、こちらでお伝えいたします。



“333music.wave”収録裏話【栄喜,KAZUSHI編】5

先程まで“333music.wave”を聴いてくださった皆さん、ありがとうございました

今回は『LIVECAST』の年末年始休業前、
2011年最後の放送ということで、
今年、立ち上げた333music mookの第1弾、
『Thank You For All〜vol.001〜』

333mook_cover



にご登場いただいた、
STRAYPIGVANGUARDのKAZUSHIさん

kazushi_20110614_s


DETROXの栄喜さん

DETROXアー写


をお迎えしてお届けしました。


別の日でしたが、年末ということもあり、居酒屋なんぞでシッポリと収録。
ON.AIRは夜中なので、どうぞお許しを。

しかしまぁ、お店の開店時間とほぼ同時に始めたのに、店内は賑やか。
KAZUSHIさんの声がちゃんと入るように、
マイクを胸元まで近づけて収録をいたしました(笑)。

“なんか……いつもより(マイクが)迫っていてやりにくいなぁ〜(笑)”

とおっしゃってましたが、KAZUSHIさんの声をしっかり届けるために、
そこは我慢をしていただきつつ。
後半戦は酒の力も手伝って(?)、いつもに増して
いい感じのテンションでお届けできたのでは?と思っております。
あ、ちなみに小生は、収録中にお水をいただいておりました

ということで、今年10周年を迎えたSTRAYPIGVANGUARD、
来年は11周年目に突入です。
“10年の間には、いろいろあった”とラジオでもおっしゃってましたが、
それを総括するライヴが12月、これからスタートします。
ウエヴでスケジュールを確認して、どうぞ足を運んでみてください。

【 STRAYPIGVANGUARD → http://straypigvanguard.org/ 】



そして後半戦はDETROXの栄喜さんにご登場していただきました

こちらは『Thank You For All〜vol.001〜』の打ち上げ。
みんなが集まる前に収録をしましょう、ということだったのですが
(O.A.中にネタばれしちゃってますけど)、
交通事情の関係で、若干押し気味で収録スタート。
んなワケで、ゾクゾクと集まってくる参加者との挨拶の声など、
入ってしまったわけですね(笑)。
しかも、その場はにわかに公開録音状態(笑)。
妙な緊張感もありつつ、ま、栄喜さんにとっては、
そんなの関係ねぇって感じだったかもしれませんが、
相変わらず、せっかち全開&猛スピード・トーク炸裂で
あっという間の収録でした。

2011年を振り返りながら、いろんなエピソード満載、
初めて語っていただくこともいっぱいあって濃い内容になったかと思います。

そうそう、12月の全国ツアーでも濃くて熱いステージを見せてくれること
請け合いです!
オフィシャル・サイトでチェックの上、パワーをぶつけ合ってきてください


【 DETROX → http://detrox.u-elements.co.jp/ 】


そして。重大発表をブログのトップにアップしました


“浮き草ジョニーのアメブロ”にちょいちょいアップしていたので、
気づかれていたかもしれませんが(笑)、
『Thank You For All〜vol.002〜』を
発売します!!!!
クラッカークラッカークラッカークラッカークラッカー

それもこれも『Thank You For All〜vol.001〜』が作れたからこそ、
影も形もない『Thank You For All〜vol.001〜』のために力を貸してくださった
アーティストの皆さんがいたからこそです。
そして、多くの方にご購入いただいたことも、大きなパワーになってます。
ありがとうございます!!!


お陰様で“俺も出たい!!”とおっしゃってくださるアーティストが続々と現れ、
今、2冊目制作の最終段階に入っております。
来年1月の発売まで、どうぞ、楽しみに待っていてくださいアップアップアップ


今回の放送でも『Thank You For All〜vol.001〜』でもそうですが、
応援している大好きなミュージシャン達の音楽や発せられる言葉は、
我々に勇気と力を与えてくれるもの。
それを信じて
“333music”は皆さんとアーティストのパイプ役になれるよう、
これからも精進していきますアップアップアップ


ではでは、『Thank You For All〜vol.002〜』の先行予約も、
よろしくお願いいたしま〜すアップアップアップ

“333music.wave”収録裏話【DAITA編】

先程の放送を聴いてくださった皆様、
夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。


さて、今回、ご出演いただいたのはDAITAさん。

100628daita0081


お忙しいところ、お時間を割いていただき、
都内某スタジオにて収録できたことに、まずは感謝!です。

ということで、収録時間以外でお話しする時間がほとんどなかった、という…
“収録裏話”と言っておいて、これじゃ詐欺ですね(汗)。

むしろ、
先日発売されたDVD『THE GUITAR EMISSION-START OF NEW LEGEND-』に収録されている6月19日のライヴ・エピソード満載の放送自体が裏話といえるものだったかも。

ということで、あの日のライヴについて記憶に残っていることを
ここでは書かせていただきます。

放送中でもDAITAさんが、
“いろんなミュージシャンから照明について驚いていたみたいで”
と話されてましたが、
実際、ミュージシャンや音楽関係者から
“ぅわ〜すげ〜”
“あれ、どうなってるんだ?”
“あ、上から何か降りてきた。スゲー!”
などなど驚く声がライヴ中に漏れ聞こえていました。
1曲1曲の雰囲気に合わせた色と光の演出。
その幻想的な世界観はオーディエンスのみならず、音楽関係者をも魅了するものでした。
ライヴ終了後も、“あの照明はどうなってたんだろう?”と喧々諤々。
それくらい、ステージを見る機会が多い音楽関係者にとっても
新鮮かつ斬新なものだったんだな、と。

なので、ライヴを見に行かれた方も、行けなかった方も、
その素晴らしさをDVDで今一度、ご確認いただきたい!と思っています。


後半では、海外で進めているプロジェクトについても、お話しいただきましたし、
来年が楽しくなるお話がいっぱいでワクワクしちゃいました!
ロックを踏襲しつつ、前例のないことにチャレンジしようとする姿勢は
DAITAさんの魅力のひとつですよね。



で。
放送の最後に、小生が少しお話しさせていただきましたが、
本来なら7月17日@ZEPP SENDAI、
そして10月21日@さいたまスーパーアリーナでの
SIAM SHADEの東日本大震災復興支援チャリティー・ライヴについて
お話しを伺うべきなのか? 収録にのぞむ前に私もいろいろ考えました。
DAITAさんも、
“(チャリティー・ライヴについて)お話ししなくてよかったんですかね?”
と声をかけてくださいました。

結果、今回の放送では触れませんでしたが、
決してそのことをないがしろにしたわけではなく、
こんな時だからこそ、
1歩1歩、前へと進んでいるアーティストからのパワーを届けたかった、という想いが
私自身の中で強かったのです。

収録裏話、と銘打ちながら、言い訳がましい感じになってしまいましたが、
誤解が生じないよう、ここに書かせていただきました。



…とちょっと重い感じになっちゃいましたが。

今週末の11月20日(日)は渋谷クラブクアトロでDAITA氏のライヴがあります!
詳しくはDAITAさんのオフィシャル・サイトでご確認ください。

【 http://www.daita-ism.com/ 】



次回の放送は今年は最後になります。
(今年〜来年は約1か月お休みです)
ゲストは『Thank You For All〜vol.001〜』にご登場いただいた方、
2ゲストでお届けする予定。

詳細は後日、当ブログで発表いたします。



携帯からチェック!
QRコード
  • ライブドアブログ