おはざーす!くもり
ジョニーですニコニコ


今、東京は曇り空だけど、心は晴れやかだ〜!

だって”読みどころ”最後まで辿り着けたし(笑)。


さーて、読みどころラストは、
村田 一弘さん(rice)


なんか、オイラはRaphaelの頃から知り合ってるので、
ヒロさんってことで書かせてもらうね。
ヒロさんも、なんかそのほうがシックリくるらしいから(笑)。

で、『Thank You For All〜vol.004〜』の有紀さんに引き続き、
ご登場いただいたわけだけど。

今回は地元色が強い(笑)撮影だったよ。

場所はなんとなーく想像してほしいけど、
ほんっとに生まれ育った街、
子供の頃に遊びに行っていた公園…と
まるで子供の頃のアルバムを開いてるみたいな、
そんなシチュエーションで写真を撮ったんだ。

しかも、赤ちゃんの写真が載ってる、
ヒロさんのアルバムまで持参していただいた!
中身はヒ・ミ・ツってことだったけど、
金色で名前と出生日が刻まれたオーダー・メイドのアルバムの表紙を見たら、
どんだけご家族に愛されて育ってきたか?が解ると思う。

オイラ、ちらりと見せてもらったんだけど、
お母さんの手書きのコメントがアルバムに一緒に収められていて、
なんかほんわかしたよ。

おまけに、撮影途中、ご実家の超近くに行ったら、
ヒロさんのお父さんと遭遇!!(笑)
ご挨拶をさせていただいた(笑)。
そしたら、家の中にいたお母さんから、
詰めたいお茶をいただいた(笑)。

撮影した日はホンットに暑い日だったから、
最高のプレゼントだったよ!!


でもって、ヒロさんを応援してるみんなにとって、いちばん気になるのは、
ヒロさんが33300字もしゃべったのか?ってことじゃないかなぁ?(笑)

周知の事実として、ヒロさん、言葉数少ないからねぇ(汗)。
ま、そこはM女史の腕の見せ所、
プロ根性、ド根性で、ねばったそうだよ(笑)。
ま、無理矢理ってわけじゃないだろうけど、
彼らが16歳の頃から仕事で付き合いがあったわけで、
あれこれ振り返りつつ、たーっくさん話を聞けたらしい。

ぜひ、ヒロさんの想いを受け止めてもらえたら。
あと、有紀さんのインタビューと合わせて読んでもらうと、
同じ自称に対する、それぞれの考え方が現れていて、なるほどなぁ〜って感じがしたよ。


ってなワケで、
9月29日の原宿アストロホールで、
印刷所に無理をいって早あげしてもらった
『Thank You For All〜vol.005〜』が物販に並ぶよ!
でも今回、数は少ないかもしれないので予定数が終わっちゃったらゴメンね。
あと、ご好評につき『Thank You For All〜vol.004〜』(有紀さん登場の回)も
追加で物販に並ぶので、
買い忘れていた人、ぜひご利用ください!!