先程の放送を聴いてくださった皆様、
夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。


さて、今回、ご出演いただいたのはDAITAさん。

100628daita0081


お忙しいところ、お時間を割いていただき、
都内某スタジオにて収録できたことに、まずは感謝!です。

ということで、収録時間以外でお話しする時間がほとんどなかった、という…
“収録裏話”と言っておいて、これじゃ詐欺ですね(汗)。

むしろ、
先日発売されたDVD『THE GUITAR EMISSION-START OF NEW LEGEND-』に収録されている6月19日のライヴ・エピソード満載の放送自体が裏話といえるものだったかも。

ということで、あの日のライヴについて記憶に残っていることを
ここでは書かせていただきます。

放送中でもDAITAさんが、
“いろんなミュージシャンから照明について驚いていたみたいで”
と話されてましたが、
実際、ミュージシャンや音楽関係者から
“ぅわ〜すげ〜”
“あれ、どうなってるんだ?”
“あ、上から何か降りてきた。スゲー!”
などなど驚く声がライヴ中に漏れ聞こえていました。
1曲1曲の雰囲気に合わせた色と光の演出。
その幻想的な世界観はオーディエンスのみならず、音楽関係者をも魅了するものでした。
ライヴ終了後も、“あの照明はどうなってたんだろう?”と喧々諤々。
それくらい、ステージを見る機会が多い音楽関係者にとっても
新鮮かつ斬新なものだったんだな、と。

なので、ライヴを見に行かれた方も、行けなかった方も、
その素晴らしさをDVDで今一度、ご確認いただきたい!と思っています。


後半では、海外で進めているプロジェクトについても、お話しいただきましたし、
来年が楽しくなるお話がいっぱいでワクワクしちゃいました!
ロックを踏襲しつつ、前例のないことにチャレンジしようとする姿勢は
DAITAさんの魅力のひとつですよね。



で。
放送の最後に、小生が少しお話しさせていただきましたが、
本来なら7月17日@ZEPP SENDAI、
そして10月21日@さいたまスーパーアリーナでの
SIAM SHADEの東日本大震災復興支援チャリティー・ライヴについて
お話しを伺うべきなのか? 収録にのぞむ前に私もいろいろ考えました。
DAITAさんも、
“(チャリティー・ライヴについて)お話ししなくてよかったんですかね?”
と声をかけてくださいました。

結果、今回の放送では触れませんでしたが、
決してそのことをないがしろにしたわけではなく、
こんな時だからこそ、
1歩1歩、前へと進んでいるアーティストからのパワーを届けたかった、という想いが
私自身の中で強かったのです。

収録裏話、と銘打ちながら、言い訳がましい感じになってしまいましたが、
誤解が生じないよう、ここに書かせていただきました。



…とちょっと重い感じになっちゃいましたが。

今週末の11月20日(日)は渋谷クラブクアトロでDAITA氏のライヴがあります!
詳しくはDAITAさんのオフィシャル・サイトでご確認ください。

【 http://www.daita-ism.com/ 】



次回の放送は今年は最後になります。
(今年〜来年は約1か月お休みです)
ゲストは『Thank You For All〜vol.001〜』にご登場いただいた方、
2ゲストでお届けする予定。

詳細は後日、当ブログで発表いたします。