先程のラジオを聴いてくださった皆様、ありがとうございました

実は…今回はA.o.P.さんもO-JIROさんも、お会いしていない!!

なので収録裏話もなかったりする…ゴメンなさいチーン


ですが。
せかっくなのでA.o.P.さん

aop_ph



の本日発売の4年ぶりのフル・アルバム『Purple Banana』

aop_banana_jkt


についてちょっとご紹介。

もう1曲目「Colonel Bogey March」からオバカちゃんパンクロックが炸裂!!
♪サル ゴリラ チンパンジー♪って替え歌で思わず一緒に歌いたくなりました
ブーブーいってるあの音、箸箱(しかも蓋がスライド式の昔のやつ)を口にくわえて出してるんじゃないの?なんて妄想してにんまり
ヘッポコなロックは、きっとASAKI氏の狙いなんでしょうね。

かと思えば、6曲目「Killing Me Blues Lee」では渋〜い年輪を感じさせるギター・プレイと、
トム・ウエイツばりの迫力ヴォイスをとどろかせたり。

10曲目「Blind Lemon」では'90年初頭の某アメリカのバンドを彷彿させる雰囲気。

ジャンルを超え、時空を超えて、あり得ないくらい好き放題やっている、という感じがしました。
こんなのもあり、こんなこともやっちゃう、なんて“あり得ない”。
それが、こうして1枚のCDになってしまった、形になってしまったという“あり得なさ”。
ぜ〜んぶひっくるめてアルバム・タイトル“Purple Banana”となったのかな?と想像するわけです。

…インタビューをしていないので、想像と妄想の域を脱しておりませんのでアシカラズ(苦笑)。


小生があーだこーだ言うより、聴いちゃったほうが早いです(笑)。
どうぞ、お手にとってみてください。
オバカなロックが大好きな人はワッショイ
洋楽が好きな人はニンマリ
な作品です。

全国ツアーもあるようですので、オフィシャル・サイトにてご確認ください。

【 http://e-sidewalk.net/ 】



そして2人目はO-JIROさん。

いやーエンディング・トークでもしみじみ語っちゃいましたが、
顔を見てインタビューしないと、とんでもないことになりますね…難しい、難しすぎる!!
はい、一人反省会しました

ま、そんなことはさておいて。
今週末の10日、11日には毎年恒例の“とのさまGIG”が渋谷クラブクアトロであります。
毎年、思考を凝らしてらっしゃいますが、今年は20th Year企画ライヴのスタート日。
1つのステージが、アルバム1枚にスポットをあてたメニューという、
なんとも斬新な企画ライヴですから、ホント、毎回毎回が仕方ない!

ぜひ、お見逃しなく! です。

オムニバス・アルバム『V-ROCK Disney』(9月14日発売)も楽しみ!!



さてさて、そんなワケで。

重大発表の詳細をお知らせしなければ…。


別の日記でアップしますので、そちらをご覧になってみてください。

実は、そちらの制作の追い込み期間中でアップアップです(笑)。
けど、絶対に面白くなる! そう確信してま〜す。